エロゲ感想置き場

お気に入りのエロゲの話を長々としたいがためのブログ ツイッターは@numgame1

「聖の少女-美娼女学園3-」の感想/ようやく手に入れた彼らに、おめでとう

f:id:numgame1:20210330195342j:plain
(c)MOONSTONE

一作目「空の少女」の発売前にパッケージの天宮芽衣子ちゃんに一目ぼれして一年弱、実際にプレイにして彼女の魅力にすっかりやられ、また物語面にもどっぷりハマったシリーズの最終作、「聖の少女」が先日(2021/3/26)ついに発売されました。

*一作目の感想記事はこちら
numgame1.hatenablog.com

二作目も謎が多く気になるヒキで終わったこと、また公式ブログで「三作目でヒロイン勢ぞろい」と銘打たれていたのもあり、芽衣子ちゃんとの再会も合わせて非常に楽しみにしていた今作。今か今かとその到着を待ち(パケ買い派)、受け取ってすぐにその物語へと飛び込んでいきました。

今作も最初から最後まで非常に面白く、また個人的には最高のラストを見せていただき、心の底から追ってきて良かったと思える作品でした。クリアしてからもずっとEDを聞きながらこの作品のことを考えています。今作ヒロインの愛美璃もとても愛らしく、彼女との関係性も本作の大きな魅力でした。
芽衣子ちゃんの変わらない可愛さや、新たな(成長した)可愛さも見られて感無量です。

■ネタバレを含まない感想
今作は序盤からショッキングな設定や緊迫した展開が続き、前2作以上にぐいぐい引き込まれ夢中で読み進めました。 今作ではテキスト・CGともにシナリオ面が大幅にボリュームアップしていて読み応えがあり、それでいて愛美璃との関係性やHシーンも丁寧に描写されていたと思います。謎を撒き謎を明かしまた謎を撒き、という感じで非常に面白かったです。

自分はお話は勿論のこと芽衣子との再会を楽しみに二作目三作目を買い、その中で詩鶴や愛美璃のことも好きになっていったので、お話と智哉と愛美璃の関係をしっかりと書きつつも芽衣子と詩鶴の二人にもしっかりと出番があって嬉しかったです。

今作は過去二作と比べてもヒロインの回想やモノローグが多かった印象で、早くから愛美璃の過去・境遇などがある程度示されていました。心理面も核心を程々ぼかしつつも移入しやすい程度に踏み込んで描写されており、おかげで愛美璃というヒロインに同情・共感がしやすく良かったです。
一作目の暗い雰囲気や閉塞感が好きだったので、今回もだいぶ暗めな感じ/三作でも一番重い設定が多く刺さりました。(個人的に閉塞感は1>3>2、暗さ(重さ)は3>1>2な印象。)

一作目二作目と好きな言い回しや浸りたくなるテキストが多くありましたが、今作もラストを筆頭にしばらく感じ入りたくなるテキストが多く、何度も読み返したいと思える作品になりました。

今作プレイ前は続きが楽しみな一方、物語に区切りがつくことに寂しさを覚えていましたが、ラストを見てからはただただ彼らに出会えてよかった、この結末を読めてよかったと思っています。

*以下公式サイト等の基本情報のあと、追記にネタバレを含む感想を畳んでいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆公式サイト:
argonauts-soft.com
☆主題歌「繋いだ手」/HiveSixRecords 歌唱:野田真理愛

www.youtube.com
☆製品概要/主要スタッフ(人名は敬称略)

公式ジャンル:オカルティック官能ADV
価格:パッケージ版3200円(税別)/DL版:3200円(税込)
発売日:2021年3月26日(金)
攻略人数:1人
制作:Argonauts/MOONSTONE

企画/原案:呉
ライター:灰瞑
原画:やまかぜ嵐
特殊系イラスト:イクラ

CV:
御園愛美璃/手塚りょうこ
天宮芽衣子/星空ユメ
鷹取詩鶴/婦暗多棒(ファンタスティック)
シスター九津見/いねむりすやこ


☆公式のあらすじ

エミリア女学院──。

そこは、小高い丘の上に作られた、聖別された世界。
キリスト教の精神に基づく道徳教育が取り入れられた、
名門の女子校として知られていた。

俗世から遠く隔たった空間で、少女たちは穢れを知らずに育っていく…。

だがそれは、表の顔に過ぎなかった。
裏では、大がかりな''愛人売春組織''を運営していたのだった。

あなた(主人公)は、聖エミリア女学院にいる、たった一人の男子。
普段は女装をしてシスターの格好をしているが、
あなたの仕事は、神に仕えること──ではありません。

売られていく美少女を、愛人好みの娼女へと調教する。

仕事に徹して、最後には少女を''出荷''するのか?
それとも、肌を重ねるうち、情が移ってしまうか…?

それを決めるのはあなたです。

そして、淫欲にまみれた世界で、性愛の果てにあなたが目にする真実とは…?

(公式サイトより)


☆シーン数、CG枚数、エンド数(微ネタバレ)

回想数:16枠
*主人公と:16枠
*本番有10枠/前戯系枠6枠

CG枚数:35枚(差分含ます)
*うちHCG18枚/非HCG17枚

エンド数:1

元々そこまでハードな調教はない(性感帯開発、技巧の仕込みというニュアンス)シリーズですが、今回最初から愛美璃と惹かれあっていることもあり、前二作に増して調教感は薄め。 「好きな相手とするから気持ちいい」路線なので、快楽堕ちよりは精神的に開かせていく感じです。

また、今回は前二作と違い一本道(分岐なし)となっています。



追記で詳細な感想とか。一部伏字にしてはいますが、シリーズ三作のネタバレを含むためクリア後推奨です。また、個人の感想・解釈であり、公式の意図とは異なる場合があります。


*長いので興味のある部分をかいつまんでお楽しみください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆主観によるあらすじ
主人公の智哉には、ある時期より前の記憶がありません。自分が何者なのかもどうしてここにいるのかもわからない彼は、売春組織の隠れ蓑である学園で、上司のシスター九津見に言われるがままに女の子を調教して過ごしてきました。

始めは自己があいまいで感情の希薄だった彼も、天宮芽衣子や鷹取詩鶴との交流を得て少しずつ自分というものを手にし、感情を獲得・深化させていきます。その中で彼は学園にさらなる恐ろしい秘密があることに気づき、 その謎や自分自身の存在について迫っていくこととなります。

そんな智哉にとって「どこか懐かしい感じのする」女の子である御園愛美璃。 智哉の同居人であり付き人である彼女は、ずっとそばで彼を慈しみ、また見守ってきました。
他の二人との交流やそこで生まれた感情についても智哉は彼女にたびたび話をしており、そのたびに愛美璃は彼の成長を喜んだり、感情の曖昧な彼に道を示してきてくれました。

そんな彼女が本作の冒頭では愛人として出荷され、不在の状態で今作は始まります。 愛人としての務めを果たせずまもなく戻ってきた彼女を「調教」し、立派な愛人に仕立て直すことが今回の智哉に与えられた仕事です。

調教と合間の対話の中で二人は前より深く心を重ね、智哉はこれまで知らなかった愛美璃の内面や過去を知っていくことになります。
それらは全体的にかなり衝撃的で重い内容ですが、智哉はそれを受け入れたうえで彼女を受け入れ、 自己を否定する愛美璃へ肯定するような言葉を繰り返します。
恋人となり、心と身体の両方から彼女を癒していくうちに、智哉の内面にもまた変化が生じていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆御園愛美璃という女の子/「聖」の少女
公式の紹介をして、「母性のカタマリ」と評される彼女。 過去二作の中で智哉を見守り、愛し、導いてきた彼女の振る舞いはまるで彼の恋人のようであり、また「母親」のようにも映りました。 食事の前に手を洗うという習慣も、智哉が彼女から教わったものです。

作中で何度か見受けられる「愛美璃が言うならそう(正しい)なのだろう」という言い回しにも、智哉が彼女を信頼し、まるで「母親」のように規範として内面化していることが伺えました。彼女との出会いをきっかけにして、また彼女を鏡面のようにして 本編最初の智哉は形成されていったのでしょう。

二作目のラストからも彼女のある種異様なまでの智哉への愛情深さが伺え、その愛情の源がなんであるか、彼女という人間の抱えたものがなんであるかが 明らかになるであろう本作を非常に楽しみにしていました。


今回明らかになった彼女の内面や過去は想像よりずっと重く複雑なものであり、
それは今もなお彼女の心に影を落とし続けています。

その一端にあったのは、とある子供の存在でしょう。愛美璃の前で殺され、どこかに捨てられてしまった子供のことを、愛美璃はずっと引きずっています。

特殊な経緯で出会ったその子供は、自身も特殊な性質を持っていました。 その子供に恐怖を感じた、愛しいと思ったわけではないと愛美璃は言いますが、 それでも彼女は咄嗟にその子供を「獣」から守ろうとしました。
そうして子供を守ろうとした彼女の心にあったのは、子供を慈しむ「母性」なのではないでしょうか。

その子供を守れなかった、死に分かれたことを引きずっていた愛美璃。智哉にその話をする際の彼女は、まるで「頭の中で、時計の針が巻き戻っている」ようでした。虚ろな目でどこか遠くを見る彼女の心は、いまだにその瞬間に、 その子供との出会いと別れの瞬間に囚われているのでしょう。

母性的な性格は彼女が生来持っていたものかもしれませんが、おそらくはそれがあったからこそ愛美璃は無意識に展望台から見えた智哉に惹かれたのではないでしょうか。
どこかで智哉とあの特異な子供を重ねたからこそ、彼女はまるで智哉の「母親」のように振舞い、彼を愛したのではないかと自分には思えました。そしてそのうちに智哉を「異性として」愛するようになっていったのでしょう。

愛美璃の愛をきっかけに、智哉は「爬虫類のようだった」それまでの彼ではなくなっていきます。そうして彼女に(また、芽衣子と詩鶴に)与えられた感情で智哉も愛美璃を愛し、 彼女を癒して自己を慈しむ感情を与えていく、という連鎖がとても好きです。

智哉が今の智哉になるきっかけの出来事、また彼女の本来持っていた母性という神聖を思うと まさに「聖の少女」という言葉がふさわしく、どんな過去があっても変わらず愛美璃を美しいと感じました。

母親のような面もあり基本的に大人びた様子の彼女ですが、 過去を告白するシーンの悲痛さや智哉に恋する乙女になっている時の様子は非常に年相応であり、普段の彼女とはまた違った可愛らしさ、魅力があります。
特に回想まわりの危うさは非常に自分好みで、今作を得ていっそう御園愛美璃という少女を好きになりました。 最後にすべて終わってから「案外嬉しい」と照れ臭そうに笑った彼女が好きです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆智哉の覚醒/「本物の感情を手に入れる」ための物語
(*独自解釈色が他にも増して強いです)

自分はこのシリーズを「智哉が本物の感情を手に入れる」ための物語、かつ彼とヒロイン三人が「自分の意志で/自分の人生を生きていけるようになる」までの、そのための物語だったと感じました。

愛美璃を害されたことで、智哉はシスター九津見への激しい怒りに包まれます。智哉という少年は基本的に淡白であり、三作を通して多少感情が豊かにはなれど、 これまでに抱えきれないほどの強い感情を得た様子はありませんでした。(「本気で怒ったことがない」と二作目で述べています)
ここへきて初めて「本物(本気)の感情」を手に入れたことで智哉は覚醒し、謎の力でシスター九津見を圧倒します。それはさながら感情の爆発が形になったようでした。


二作目の回想で、理事長はかつて智哉に「本物の感情を手に入れたとき、これまでと違う存在になる」「その後どうなるかわからないが、死ぬかもしくは生まれ変わる」という旨のことを話しています。

三作目を読んで、自分はこれを「~これまでと違う自分になり(覚醒し)、(そのあとでXXとして)生まれ変わる」という意味だと解釈しました。
その先については未確定ではあるものの、少なくとも「違う存在として保たれる」「元の存在に戻る」 ことはないというような言い回しです。

本物の感情を手に入れた智哉は強い力を手に入れますが、理事長の言い回しや作中の描写を見るに、その「覚醒」した状態はずっと続くものではありません。「違う存在」になった後については未確定ではあるものの、少なくとも「違う存在として保たれる/元の存在に戻ることはない」ことが 理事長の発言から伺えます。

【1:「覚醒」できるのはただ一度きりであり】
【2:使い終えたあとは”条件次第”で「死ぬ」か「生まれ変わる」】のでしょう。


【1:「覚醒」できるのが一度きり】である理由について、
「覚醒」には覚醒素材である「本物の感情」と強化元である「それまでの智哉」の2つが必要であり、覚醒素材を使った智哉は「それまでの智哉」ではないなにかへ変化する。それゆえに「もう一度覚醒状態になることができない」のではないかと捉えました。

ゲームっぽく言うなら「進化前限定の強化アイテム」が「進化に必要なアイテム」とイコールであり、 強化すると自動的に進化が起こるために進化前のアイテムが使えない、というようなイメージです。(逆を言えば、進化するときは強制的に強化状態を経由します)

そして「覚醒状態」を保てない理由、
【2:使い終えたあとは”条件次第”で「死ぬ」か「生まれ変わる」】理由について、
自分はここで起きているのが「それまでの智哉→違う存在の智哉→XXの智哉」という二段階の変化でなく 「それまでの智哉⇒XXの智哉(生まれ変わり)」という一段階の変化だからではないかと考えています。

その変化の最中の状態/一段階変化の「⇒」の部分こそが「違う存在の智哉」なのです。
変化の最中の智哉には、「本物の感情(変化を発生させる力)」を元に、変化のための/変化に必要な強いエネルギーが生じます。

その強いエネルギーは、1つは「死のエネルギー」であり、また「生のエネルギー」でもあるのだと自分は考えます。


「本物の(強い)感情」は、いわばXXらしさの象徴です。 それを手に入れることによって、「それまでの智哉」の心はXXに限りなく/また急激に近づきます。
本物の感情、強い感情はXXらしさと言えるからです。

そして心がXXへと近づく=XXらしさが生まれる(生じる)過程で、 彼の身体や存在そのものも心に引きずられるように急激にXXへと近づく、つまりXXとして「生まれ変わる(再誕)」ための準備を始めます。
そういう意味で、覚醒状態の彼は生へと向かっています。

「本物の感情」を手に入れることによって智哉の心はXXへと変化していきます。 それは一方で「元の爬虫類じみた智哉」の部分が消えていく/薄れていくことでもあります。
XXに近づく(生まれ変わり始める)ことによって訪れるのは、「それまでの智哉」の死です。 生まれ変わるには死ななくてはいけません。

「違う存在」の状態である彼は、生へ向かう一方で死へと向かっているのでしょう。

超新星が死ぬ間際に爆発して光り輝くように、「それまでの智哉」が死ぬ一瞬前にひときわ強い「死」のエネルギーが発生する。そのエネルギーが生じている間のつかの間の輝き(変化の間の状態)を指して 「違う存在になる」と称しているのではないでしょうか。

そうして「それまでの智哉」が消えたあとに、(うまくいけば)残るのが「生まれ変わった」智哉なのかもしれません。


智哉の感じた「本気の怒り」は、シスター九津見を倒したい(殺したい)という願いを生みます。その「本気の感情」で得たものが、彼女に「死を与える力」=「死のエネルギー」でした。 そしてそれは「それまでの智哉」を殺す力でもあったのだと思います。
ある意味で、シスター九津見は確かに智哉を殺しました。そして彼女を殺したのもまた智哉です。

「本気の怒り」を得ることで彼は「それまでの智哉」としての死へ向かい、「違う自分」という過程の中でXXへと生まれ変わる(生まれる)ための準備を始めます。けれど、必ずしもそこで再誕を果たせるわけではありません。
先のとおり、XXへの生まれ変わり(再誕)を果たせなかった彼に待っているのは死です。

母親の腹の中で子供が育つ過程には成長のためのエネルギーが必要ですが、そのエネルギーだけでは子供が腹の外へと生まれ出ることはできません。生まれるには「生まれるためのエネルギー」、子供を外へ押し出し「生へと向かわせるエネルギー」が必要です。
この智哉の再誕も同じなのではないでしょうか。

「本気の怒り」により変わり始めた彼が「無事に生まれ(変わ)る」ために必要なのが「生のエネルギー」、同じく智哉の「本気の感情」、つまりは「愛美璃を救いたい」という「生への欲求」であり、そこから得た「生を与える力」だったのではないかと自分は考えています。

その力によって智哉は無事にXXとして「生まれ変わり」、また(シスター九津見に死を与えたように)愛美璃に生を与えたのではないでしょうか。

「愛美璃を救いたい」という気持ちが「強い感情」足りえたのは、それだけ智哉が愛美璃のことを深く愛していたからです。
そして智哉がそんな深い愛を抱けたのも、愛美璃がいたからこそでしょう。

愛美璃と同居するようになった頃、愛美璃によって智哉は一度生まれ変わり、爬虫類のようではなくなりました。 愛美璃が与え、また成長を促した智哉の感情がやがて愛美璃を再誕させる力(蘇生)となったのです。

見方を変えれば智哉の愛によって愛美璃は息を吹き返し、愛美璃への愛によって智哉は生まれ変われたのかもしれません。


勿論ここへ至る感情の獲得・成長には芽衣子や詩鶴と育んだ時間や愛も欠かせません。
三人それぞれが少しずつ異なった違う感情や愛情を智哉に与えたからこそ、智哉は「本物の感情」を手に入れ「生まれ変わった」のでしょう。だからからこそ智哉は彼女らに惹かれたのだと思います。

三人ともが特別な「本物の感情(生まれ変わる力)の源をくれた相手」であり、誰が欠けても智哉はXXになれなかったと考えれば、「誰か一人を選べないし優劣もつけられない」という智哉の結論にも納得ができます。
今回一度失うことになったのは愛美璃ですが、他の二人が同じこと(死)になっても、きっと智哉は本気の感情を得てくれたのではないでしょうか。

誰かに流されることなく自分の感情でしたいことを定め、自分の足でそちらで歩いていくことを「生きる」こと、「XX」らしさとするなら、ヒロイン三人も智哉と出会いようやく「XX」らしい人生を手に入れ、またもう一度「生まれた」ようにも思えます。

「強制されないことは逆に大変かもしれない」という愛美璃の台詞と、それに対する「みんながいるから」という智也の返し、ようやく自由の身になり自分の人生を手に入れた智哉の最後の独白がとても好きです。

誰かを愛し強い感情を手に入れ、「XX」として生まれ変わった智哉の「誕生日」に一人のプレイヤーとして立ち会えて嬉しく思います。
曙光の中で生まれ変わり、自分の人生を手に入れた彼や彼女らの今後の幸福を願っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆天宮芽衣子・鷹取詩鶴という女の子と、恋愛面の話
先のとおり本作のラストでヒロインが勢ぞろいすると発売前から明かされていたこと、また一作目二作目でも芽衣子・詩鶴との再会を示唆していたのもあり、物語の結末と合わせて二人との再会を楽しみにしていました。

自分はお話は勿論のこと芽衣子との再会を楽しみに二作目三作目を買い、その中で詩鶴や愛美璃のことも好きになっていったので、お話と智哉と愛美璃の関係をしっかりと書きつつも芽衣子と詩鶴の二人にもしっかりと出番があって嬉しかったです。

元気そうで安心するとともに、一度安全なところへ逃げ延びても変わらず智哉を愛し、約束を大切にしてくれているところに彼女らの愛情を感じられて愛おしくなりました。


芽衣子がすっぱり自分の行動を決めたところや (以前愛美璃と話したときは口にできなかった)智哉が好きという言葉を 詩鶴に感化され口にするところに成長が伺え、智哉との物語が彼女の中に根付いていると感じられ嬉しくなりました。
約束をしたと言って赤くなるところも初心で可愛らしかったです。

詩鶴に「私の後ろ(最後尾)」と言われショックを受けたときの声色や智哉にみんな一番と言われて嬉しそうに微笑むところも大変可愛らしく、 そういった意味でも今作まで追ってきて良かったなと思いました。
「えぇ決まってるんですか……」の声が落ち込みつつちょっと不満げで 非常に愛おしくて好きです。

一作目では智哉の中の自分の立ち位置に自信なさげだった彼女が 「私は(何番目か)」と聞く(自分を恋人としてカウントしている)ところに、智哉の中で最後尾や大勢の中の一人ではなく「特別」でいたいと言うような彼女の変わらない愛らしさやいじらしさ、また一作目からの成長が感じられ、 ますます彼女が好きになりました。


詩鶴も他人に智哉の話をする際に彼氏と言い切ったり芽衣子の前で智哉が好きだと言い切ったり、彼女らしい気の強さが伺えて魅力的でした。
最後で「自分が一番のつもりでいた」と言ったところや愛美璃の愛の深さを見て一度は一番を譲ろうとしたところ、また譲ったうえでちゃっかり二番に収まろうとしていたところも彼女らしくて好きです。

智哉を助けるためにあの手この手で芽衣子を探す想いの深さや 初対面の芽衣子にも気さくに接してすぐに打ち解けるところ、いるだけで暗い雰囲気をいくらか明るくしてくれるところも魅力的でした。
今作は暗い/重いシーンが多かっただけに、尚更そこに光を差し込むような彼女の輝きが眩しく、有難かったです。

二人して「相手と約束しているらしいけどそれはそれ」と考えるところも、 少しクスリとしつつも譲れない愛情を感じられて愛おしく思えます。


自分は一作目を通して天宮芽衣子という女の子と、彼女と智哉が空っぽでなくなっていく過程を深く好きになりました。 それゆえに今後彼女が「最後尾」や二番目になるのではないかと二作目発売前は少し心配していたのですが、二作目でも三作目でも智哉がヒロイン三人を「同じぐらい好き」だと言ってくれて嬉しかったです。

詩鶴も愛美璃もとても魅力的で報われてほしい女の子だったので、誰一人欠けることなくこれからもみんなで歩んでいけるであろうラストでほっとしました。
色々と苦難もあるとは思いますが、あの結末へ辿り着いた彼らなら、 今後も助け合って元気に生きていけるのではないでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆まとめ
売春組織の学園という舞台だからこそ「心でする(心でもする)からこそ気持ちいい」という 言い回しにいっそう重みが増し、あの学園の中で心を重ねた彼らが魅力的に映りました。

フィクションにしかないような設定も多くありながらその中における彼ら彼女らの心情描写はよい意味で生々しく綺麗過ぎないところがあり、 現実離れした設定に心を躍らせる一方で、彼らを自分たちと地続きの世界を生きている人間のように感じられました。

Hシーン中にヒロインの心理描写があったからこそHシーン主体の中でも ヒロインの心中を理解でき人間的な深みを感じられ、早くから愛着が湧きました。
ヒロイン三人や智哉を「抜きのための萌えキャラ/竿役」でなく「等身大の一人の人間」として 見られたからこそ最後の展開にも感動できたのだと思います。
(「今こんなことを考えながら抱かれてくれているんだ」と思えるので、そういう意味でもHシーン中のヒロイン視点がとても好きです。
ヒロイン視点でも「気持ちいい」とか「嬉しい」とか言ってくれるの、こっちもめちゃくちゃ気持ちいいし嬉しい。 戸惑ったり少し切なくなったりしてるのも可愛い。)

ヒロイン三人とも非常に可愛らしかったのですが、 特に天宮芽衣子という女の子とその物語が自分にとって特別なものになりました。今回彼女の元気な姿や成長した姿、また彼女の恋心の行く末を拝めてとても嬉しかったです。
これまでもこれからも、彼女は人生で一番好きな女の子、自分にとっても特別な女の子です。彼女に出会えて本当に良かったと思っています。


全体的にとても刺さる要素が多く、自分にとって最高の物語でした。
彼と彼女らの物語はこれ以上ないほど最高の美しさでで幕を閉じた(開けた)と思ってはいますが、好きな作品/キャラクターたちだっただけに、いつかどこかの物語の中でまた自分の人生を生きている彼らに会えたら、と夢見ずにはいられません。

ひとまずはこれからも何かにつけては彼らの物語に思いを馳せ、彼らの物語を読み返していきたい所存です。

☆余談
あのラストからのあのEDの曲が非常に好きで、先ほども書きましたがずっと聞いています。主題歌CD(4/30発売)でフルを聞けるのが楽しみです

www.youtube.com


www.getchu.com

ジャケに芽衣子ちゃんが抜擢されててめちゃくちゃ興奮しました。笑ってる芽衣子ちゃんが一番可愛い。
どの曲も素敵ですが、特に件のED(流星)と、キャラソンのような感じのある「透明少女(「空の少女」主題歌)」のフルを楽しみにしています。