エロゲ感想置き場

お気に入りのエロゲの話を長々としたいがためのブログ 他の感想はツイッター:@numgame1

順位とかは特にないけど2021年にプレイしたお気に入りのエロゲを紹介する

自分が2021年にプレイした18本のうち、特におススメしたい7本を五十音順でざっくり紹介するだけの記事です。

プレイ履歴をぱっと見て「推そう」と思ったゲームを直感的に選出しています。

目次

 

 

あした出逢った少女/MOONSTONE

f:id:numgame1:20210605161119p:plain

(C)MOONSTONE

近似した連続殺人事件を軸に、過去と現在とが重なり合うサスペンス作品。
プレイヤーは互い違いに語られる二つの時代を追いながら、主人公の記憶喪失や従姉妹一家の闇へと切り込んでいくこととなります。

所謂「途中下車方式」を活用した中弛みしないストーリー展開や、犯人と思わしき人物の独白を中心に醸し出される静かな狂気が見事。
最終盤の怒濤の種明かし、またサスペンスらしくどこか寂しさややるせなさの残る結末がとても好きでした。

お気に入りのヒロインは冬香。現在の彼女も過去の彼女も大好きです。

☆公式サイト:

https://www.moon-stone.jp/product/ms01/a_index.html


☆弊ブログの感想記事:

「あした出逢った少女」の感想/あした出逢うための物語 - エロゲ感想置き場



■彼女の妹と秘密のステイホーム ~内気娘が背徳寝取り!〜 /アパタイト

f:id:numgame1:20211223191857j:plain

(C)アパタイト

彼女の妹に誘惑されて浮気えっちする、所謂"逆NTR”モノ。
不器用ながらも頑張って迫ろうとした結果所々ギャグになっているえみるちゃんが可愛い。

一部エンドがけっこうぶっ飛んでおり、初見時はマジでびっくりしました。
びっくりにも色々ありますが、「理解できない」ではなく「脳が理解を拒んでくる」タイプの驚きでした。

それなのになぜこの一覧に来たかといえば、別方向からの脳破壊が一周回って癖になってきたからです。
なんかこうスルメみたいな味わいがあります。

安価で遊べるので(DL版1540円)、ぜひ遊んで私に感想を読ませてください。後生です。

☆公式サイト:

https://www.appetite-game.com/apt_196.html



■孤独な猫少女を拾って始まる、癒しの子作り生活/Norn

f:id:numgame1:20211223192035j:plain

(C)Norn

人間への警戒心バリバリの猫又娘を拾って優しくしたら懐かれて……という抜きゲ―。
タイトル以上のことは何も起こらないのですが、エロ以外の生活上の営みも(この価格帯の抜きゲとしては)割と丁寧に描かれており、中々に癒し性能が高かったです。

はたきにじゃれたり水を怖がったり、ケモノ成分がそこそこ強めのヒロインが可愛い。
少しのことにも大袈裟に喜んで健気に尽くしてくれる姿が自尊心に効きました。

えっちシーンでうにゃうにゃ鳴いてくれるCV:水野七海ヒロインにデレデレしたい人は是非。
ロープラながら立ち絵・CGともに衣装が豊富で、特に裸立ち絵のムチムチ感は堪らないものがあります。

☆公式サイト:

https://norn-soft.com/173/173.html



■聖の少女/argonauts

 

f:id:numgame1:20210330195342j:plain

(C)argonauts/MOONSTONE

清廉な顔の裏で売春斡旋組織を営む名門・聖エミリア女学院を舞台とした、オカルティックな抜きゲー作品。
えっちなシーンでのヒロイン視点の多用&CG集のような感じで読める”バルーンウィンドウ”システムが強みな印象。

三部作の最終作である本作では、過去二作でも献身的に主人公を見守り支えてくれた少女・御園愛美璃を中心に物語が展開されていきます。

調教の名目はあるものの、基本的には純愛路線の本シリーズ。
自分の意思を見失い自分の人生を掴み損ねていた彼らが、愛を得て再びそれを手に入れる過程がとても好きでした。
ヒロインが勢揃いするラストも素敵。

一作目ヒロインの天宮芽衣子ちゃんが一生好きです。

※連作ロープラの最終作であり、話としては前作・前々作をやっている前提の作り。
抜き/キャラ目的なら本作からでもいけそうな気はしますが、余力があれば前二作も体験版くらいは触れておくと分かりやすいかと思います。

☆公式サイト:

https://argonauts-soft.com/products/ms28-3/index.html


☆弊ブログの感想記事:

「聖の少女-美娼女学園3-」の感想/ようやく手に入れた彼らに、おめでとうを - エロゲ感想置き場



何処へ行くの、あの日/MOONSTONE

f:id:numgame1:20210909181647p:plain

(C)MOONSTONE

過去の夢を見て今を変えようと足掻く少年少女の、シリアス&ファンタジーADV。
人には話せない悩みを話さないままに抱えながら、それでも人との触れあいの中で少しずつ前を向いていくような、内省的だけど外界との繋がりを感じる構造がとても好きでした。

各所で鬱ゲーと評されている通り道中には辛い展開や重苦しい場面も多く、けれど作品の持つメッセージ自体は非常に明るく読後感も爽やか――という私見

お気に入りのヒロインは桐李です。
「小さい頃から憧れている、一歳上のお姉さん」属性が性癖に刺さりました。

☆公式サイト:

https://www.moon-stone.jp/product/ms03/d_index.html


☆弊ブログの感想記事:

「何処へ行くの、あの日」の感想/"可能性"を追う少年少女(前編:全体感想・自己解釈) - エロゲ感想置き場



■美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-/ωstar

f:id:numgame1:20210204220338j:plain

(C)ωstar

怪奇作家の主人公と座敷童(仮)のヒロインが「青蜘蛛の呪い」なる怪奇事件に挑む、オカルティックな抜きゲ―。
ぬるぬる動く美麗原画+卑語満載のエロシーンは勿論のこと、軽快な掛け合いやオカルト雑学を交えて進行する物語にも大変引き込まれました。

エロシーンで培ったであろう動画技術はホラー方面にも活かされており、恐怖の増長や不気味な雰囲気の演出に一役も二役も買っていた印象。

お気に入りのヒロインはもよか、僅差で月丘女史。
もよかのえっちシーンあと3つくらいください。できればラブラブがいいです。

※連作ロープラの最終作ですが、オムニバス形式なのでここからでもなんとかなります。
終盤らへんは過去作の設定だけでも把握しておくと分かりやすい……かもしれません。

☆公式サイト:

http://www.favo-soft.jp/omega-star/biman5html/open.html



レコンキスタ/コットンソフト

f:id:numgame1:20211223192751j:plain

(C)コットンソフト

”首狩り女”の都市伝説がまことしやかに囁かれる海上ニュータウン(人工都市)を舞台とした、ミステリアス恋愛アドベンチャー
本作には主人公が二人おり、プレイヤーは一つの事件の真相を二人の視点から紐解いて行くこととなります。

あらすじや設定はホラーチックなのですが、話としては「大切な人の死とどう向き合うか」という死生観的なテーマを軸に据えた人間ドラマがメインだった印象。
ほどほどにグロ要素もあり中々スパイシーで、最後まで飽きずに楽しめました。

主人公だろうがヒロインだろうが分岐次第では容赦なく死ぬので、自分の選択でえらいことになってしまった罪悪感に頭を抱えたい方にもおススメです。

お気に入りのヒロインは詩菜。
ツンツンクールな後輩が、事件をきっかけに徐々に絆されていく展開が楽しい。

☆DL販売先(※公式サイト消失):

https://www.dlsite.com/pro/work/=/product_id/VJ008428.html



■総括


多少自分の性癖への理解が進んだのもあり、全体的な打率は前年比で高め。
※昨年は20本遊んで気に入ったのが4,5本くらい。

故にプレイ本数が減った+短編メインの割には昨年よりも充実していた感じがありました。
性癖に合ったゲームを遊ぶ、ダイジ。

とはいえ安定ばかり追っていると自覚のない性癖に刺さるゲームを見逃し兼ねないので、来年は無理のない範囲で新規開拓もしていけたらな~と思っています。
(昨年「寝取られ」要素のある作品で何本か刺さるものがあったので、一応新規にそれをメインとした作品に手を出してみたり(「TRUE BLUE/LiLM」等)はしました。)

今年の新作購入本数は4本で、4作共が抜き系作品。
自分が購入していないものを含め、今年は抜き系で評価の高い作品を割と目にした印象。

情報が出ている来年作で購入を検討している何本かがこれまた抜き系なので、 来年も抜きゲーには困らなそうで有難い限りです。
所謂「シナリオゲー」の積みがけっこうあるので、そちらは好みに合うものが出たらラッキーくらいの気持ちでいます。


「気に入ったゲームの話を長々とする」ことを基本の趣旨としている都合、更新がまばらなブログではありますが、気が向いたら来年も宜しくして頂ければ嬉しく思います。